ベトナム人男性との恋愛体験談~日本に留学に来ていた時にお付き合い

ベトナム人男性との恋愛体験談

Photo by Sacha Fernandez

 

短大時代に同級生だったベトナム人男性とお付き合いをさせて頂きました。

彼は日本に留学に来ていた時で、出会った当時、日本に来て4年くらい経っていた時だったので日本語で会話をしていました。

日常会話は特に問題はありませんでしたが、やはり時々「えっ?どういう意味?」と聞かれて説明したことが何度もありました。

 

彼が言っていたことですが、日本人には割り勘にすることが多いですが、ベトナム人にはあまり割り勘という風習がないらしく、友人同士でもおごるか、おごられるかのどちらかが大半だそうです。

なので、デートの時もほとんど割り勘ということはなかったと思います。

日本人の男性よりもマメな印象を受けました。メールもバイトの休憩時間には必ず送ってくれたり、時間がある時は電話もよくしてくれました。

 

また、彼は一人暮らしをしていたので、何も気兼ねなく彼の家に遊びに行けたのは気持ちが楽でしたが、結構な頻度で友達が遊びに来ていたのと、となりの部屋に住んでるベトナム人の友達はベルも押さずにドアを開けてくることがあったので、びっくりしました。

 

困ったことは、彼の友達にも普通に会わされたことでした。

日本にいる友達なので、日本語を勉強していますから会話には困りませんが、ベトナム人同士の会話はベトナム語になりますし、やはり大勢のベトナム人の中に1人日本人の私がいることは不自然であり、居づらかったです。

 

彼の友達に会うこと自体は悪くはないのですが、大勢の中に行くことは遠慮させてもらっていました。

初めて誘われた時は、良かれと思っていったのですが、私だけが気を遣っているような感じになって疲れました。

 

日常会話には困らなくても、外国人にとっては日本語を話すことは疲れることだったと思います。ケンカをしてしまった時はちょっと大変でした。

私はちゃんと話をしたいけど、彼はあまりおしゃべりな方でもなかったのもありますし、日本語で伝えるのも面倒くさいと感じたのか、膠着状態が続くか、彼の方から「もう疲れた!」とか逆ギレをしてしまったりしました。

なので、ケンカをしないのがいいのかもしれませんが、育った国が違う以上、思うことが違いますから、日本に来ている方が合わせるという考えをせずに、まずは理解をすることが大切だと思いました。

 

彼は短大卒業後にベトナムに帰っていきましたが、お付き合いは続いていたので、私が仕事の有給をとってベトナムに会いに行くというのを1年間に2回ほど、1週間くらいの滞在で繰り返しましたが、今思うとちょっと無駄だったように感じます。

また、ベトナムに行くと必ず、彼のご両親に会い、実家に泊めさせて頂いていましたが、言葉の壁がとても厚く、彼がいなければ何もできない状態で、彼のご両親も私も気まずい空気が流れたこともありました。

 

日本人同士のお付き合いであれば、結婚の話が出てから両親に会うことになると思うのですが、そんなつもりがなくてもご両親と顔を会わせなければいけませんでした。

そのため、大げさに感じような、私はそこまで・・・と思っていても、そうは行かず、軽い気持ちで飛行機に乗って彼に会いにいくつもりが、結婚の挨拶をしているような思い気持ちになりました。

関連⇒タイ人男性との恋愛体験談~顔立ちが日本のアイドル並みのタイ人を付き合う!

 


外国人の恋人探しはこちら▼  ▼




tanitu20150531


サブコンテンツ

このページの先頭へ