スペイン人男性との恋愛体験談~恋愛の障害は言葉ではない!?

spain20150617
Photo by Moyan Brenn

 

大学時代、私はアメリカのとあるインターナショナルスクールに留学し語学を勉強していました。

そこでは、様々な国籍の生徒たちが同じように語学力を高めようと勉強しに留学してきていました。

私がそこで出会ったのは、同じ年でクラスメイトであったスペイン国籍の男性です。

 

彼も英語を勉強する身であるので、英語力は私と同じくらいでした。もちろん、母国語であるお互いのスペイン語や日本語は全く話せませんでした。

しかし、異国の地で言語を学ぶものとしての苦労や境遇が似ていることから、共感することが多く、ぎこちない英語を通しながらも、しだいに親しくなり付き合うことになりました。

 

外国人男性と交際するにあたって、まず一番大きな障害であるのは、言語の違いであると思われる方が多いでしょうが、決してそうではありません。

現に私たちは、言語でのコミュニケーションは、円滑ではありませんでした。

しかし、彼の私と話したいという気持ちや、動作や表情だけで、言語で補えない部分は十分補えて、コミュニケーションを無理なくとることができました。

 

言語が話せるからといって、恋愛をできるとは限りません。

普通の恋愛と同じですから、お互いが惹かれあうには、人間として惹かれる部分があることや、共通の何かがあるなどのきっかけが必要です。

なによりも、好きな相手とコミュニケーションを図りたいと思うのが自然ですので、言語能力は後からいくらでもついてきます。言語の違いを恐れず、気持ちを伝えることが肝心です。

 

国籍の違う彼と交際するということは、文化の違いや考え方の違いなども、もちろん多く存在します。外国人男性と交際することで、一番の障害となるのは、その部分だと私は思いました。

文化の違いや考え方の違いは、生まれたことから当たり前に教えられていることなので、なかなか変えることはできません

自分が当たり前に考えていることは、相手にとって当たり前ではないということを前提にしなくては、相手を傷つけたり、距離ができてしまいます。

 

私がスペイン人の彼と感じた文化的な考え方の違いは、恋愛表現でした。

日本人の私は、交際するということは、告白をし、相手がそれに承諾し、初めて成立するものでした。しかし、彼にはそのような考えはなく、交際するということは、形式的な確認等はなく自然なものだという考えでした。

私はなかなかその部分が理解できず、しっかりと愛情表現をしてこないと悩んでいました。どうしてちゃんと交際が成立していないのに、友人にガールフレンドだと紹介してしまうのか、全くわかりませんでした。

 

しかし、話し合うことで、お互いの考え方の違いに気付き、理解できるようになりました。

外国人男性と交際すると、そのような考え方の違いなどはたくさんあると思います。しかし、分からないで終わるのではなく、理解しあうことが大切です。

また、そのように理解し合っていく中で、考え方が大きく広がり、視野がひろがります。

彼と違うことを悩むのではなく、楽しむことが私は大切だと思いました。


外国人の恋人探しはこちら▼  ▼




tanitu20150531


サブコンテンツ

このページの先頭へ