トロントに留学して帰国後、カナダ人女性と付き合った体験談

カナダ人女性と付き合った体験談
Photo by Abel Joseph

 

私は高校2年生の時、カナダのトロントに留学し、2ヶ月間留学生活を送った経験があります。

留学生活を送る上でトロントではカナダ人の友人も出来たのですが、その内の一人のカナダ人女性とは私が留学生活を終えて日本に帰ってからも手紙と国際電話でやり取りをする関係が続きました。

高校3年生の3月に再びカナダのトロントに旅行に行った際に彼女と再会し、正式にお付き合いをする事になりました。

 

私と同い年のカナダ人の彼女もカナダの大学に入学して大学生となりました。

そこため、比較的自由に時間を見つけては彼女が来日して東京を観光したり、私がカナダに行き、カナダの北東部などを観光したり、トロントにある彼女の自宅に行くなどして交際を行っていました。

 

カナダ人の彼女は日本文化にとても興味がありました。

カナダ大学に通う彼女は、日本語と日本文化を専攻する文学部の日本文学科に在籍して日本文化についてとても良く学んでいました。

日本人の大学生では珍しい「自分が専攻している学科に誇りを持って勉強に励む」というタイプの女性でした。

 

私はすべり止めで合格した第二希望の私立大学の商学部に入学したものの、文学部希望だった私には商学部の大学の授業が退屈で飽き飽きしていた時期でした。

しかし、カナダ人の彼女が自分が学んでいる学科の勉強にひたすら打ち込んでいる姿を見て、私自身もイヤでたまらなかった大学の商学部の授業に身を入れて講師の先生の話を聞くようになりました。

 

私は彼女が来日した際に必ずと言って良いほど、当時日本に出来たばかりだった高級ハンバーガー店に彼女を連れて行ってあげていました。

カナダ人は外国人だから、ハンバーガーが好きだろう」という安易な考えで彼女を高級ハンバーガー店にデートの時に頻繁に連れて行っていたのです。

 

しかし、来日が3度目になる時に彼女が「日本のハンバーガーが美味しい事は分かったから、次は日本の伝統料理を食べてみたい」と私にリクエストしてきました。

私はラーメン、お好み焼き、寿司、天ぷらなどの日本料理を彼女と一緒に都内でめぐって食べさせてあげました。

彼女は特に日本のソース味のやきそばがお気に入りで、私が自宅マンションで彼女の為にやきそばを手作りしてあげた事も何度もありました。

 

結局、彼女とは私が大学2年生の春にオーストラリアにワーキングホリデーに半年間行く事になった為にその事が原因で別れてしまいました。

 
カナダ人女性と破局する事になった私ですが、これから外国人女性とお付き合いをしたい、と思っている人へアドバイスするとしたら、

外国人女性は、日本人女性よりも気が強くて男勝りな部分もあります。

しかし、男に甘えたい気持ちはいつまでも持ち続けているので、外国人の彼女が甘えてきた場合には素直に包み込んで癒してあげる事が重要

 
だという事ですね。

 

私はこれらの癒しをカナダ人女性に与える事が出来なかった事も、カナダ人女性との恋愛が3年持たずに終わりを告げた原因の一つだと考えています。

 


外国人の恋人探しはこちら▼  ▼




tanitu20150531


サブコンテンツ

このページの先頭へ