韓国人男性との結婚体験談~ソウルと東京で遠距離恋愛の後、結婚へ!

韓国人男性との結婚体験談

Photo by Mario Sánchez Prada

 

私は日本人、旦那は韓国の木浦(モッポ)という朝鮮半島の西側にあるど田舎出身の韓国人です。

 

出会いは私がソウル交換留学をしていた頃に、旦那はソウルで会社員として働いていて、友人の紹介で出会いました。

私が日本に帰国してからはソウルと東京で遠距離恋愛をして、その後結婚し、私がソウルに移住する形になりました。

 

彼の両親は、彼が長男だったら外国人との結婚は許してなかったけど、次男なので外国人でも二人が愛し合っているなら構わないと意外に理解がありスムーズに行きました。

私の両親は、父ははじめは韓国人との結婚、そして私がソウルで彼と暮らすことに反対していましたが、彼が必死で説得して、最後には許してくれました。

 

ですので、結婚までの障害はさほど大きいものでもありませんでした。

 

食生活はもともと私は辛いものが好きなので問題ありませんでした。

言葉も留学時代にけっこうがんばって勉強していたので、日常会話でこまることはありませんでした。

 

しばらくソウルで二人で暮らし、彼のお父さんが病気で倒れてから、大都会ソウルから彼の田舎の木浦へ引っ越すことになりました。

都会暮らしと田舎暮らしだったら、若い頃はだんぜん都会暮らしがいいと思ってました。田舎暮らしなんて絶対無理無理!という考えでしたが、今となっては田舎暮らしも良いかもなぁと思っています。

でもやはり韓国の田舎に来ると、生活習慣や考え方などが昔ながらの方も多く、時々窮屈に感じることもありますが、郷に入れば郷に従えという思いで、あまり気にしないようにしています。

 

韓国人は日本人と違い、白黒はっきりしているので、時々『そこまで言わなくても・・』と思ったりもしますが、だんだんそんな習慣にもなれて、いまでは私もだいぶはっきり言いたいことをいうようになりました。

 

韓国では言いたいことはちゃんと言わないと損する事が多いです。

日本人みたいに 言わなくてもわかってくれるよね、という文化がないので、思ってる事や感じた事は ちゃんと口にして言わないと全くといっていいほど相手に伝わりません!それが原因ではじめは彼とも衝突しました。

なんでわかってくれないんだろうと。それで損害を被る事も多々あるので 日常的にハッキリと物を言う習慣が常にあります。

 

今でも彼とけんかはしますが、言いたいことをはっきり行ってしまうとすっきりして仲直りできます。数時間 数日経てばお互いすっきりしてケロッとしてます。そういう私たちの関係は、私はすごく気に入っていて好きです。

国際結婚は問題も多々ありますが、お互いを尊重しあうことが大切だと思います。

関連⇒韓国人の彼氏が欲しいなら


外国人の恋人探しはこちら▼  ▼




tanitu20150531


サブコンテンツ

このページの先頭へ