タイ人との出会いの体験談~口コミはこちら

タイ人男性との結婚体験談
Photo by Mike Behnken

タイ人男性との出会いの体験談その1~タイ人はとても楽観的!?

私はタイ人の夫を持つ36歳女性です。

私たちの出会いは、私がタイが好きで、旅行に何回も行っていた時に出会いました。

完全に私の一目惚れでした。

英語がそこまで出来ない彼だったので、私がタイ語を勉強し、出会ってから3年で結婚しました。

 

結婚までには、本当に苦労のしっぱなしでした。

やはり国が違うため、物一つの考え方も少し違っていて、その度に、どうして解ってくれないのかと喧嘩ばかりでしたが、それでも一緒に容れたのは、タイの国柄なのか、喧嘩しても次の日にはころっと忘れているかのように、何事もなかったように接してくれていたからです。

 

タイの国の人は、どうにかなるさの精神がとても強い国で、とても楽観的なので、後に引きずらない特徴があったからだと思います。

お金ひとつの考え方も違う考え方で、日本人は貯金しなきゃと先を考えるタイプの反面、タイ人は、その時が楽しければ良しの考え方のため、貯金なんてほとんどしていないにひとしかったです。

結婚を考えたなかで、お金の価値観の違いは大きかった問題でした。

 

また、彼のお母さんは、もちろん英語が話せず、しかもタイ語は地方によって少しなまりがあるので、タイ語初心者の私とは全く会話にもなりませんでした。

でも、すごくあたたかいお母さんで、私を受け入れてくれているのはわかりましたが、全くコミニュケーションはとれませんでした。

 

逆に、私のお母さんも英語が全く話せず、彼とコミニュケーションがとれず、私の母はすごくその点を心配していました。

私のお母さんと、彼のお母さんは会った事がまだありません。

ちゃんとした結婚式も、お金の関係であげなかったため、未だ会った事はありません。しかも住んでいるところも遠いので、なかなか会いにいけていないのが現状です。

 

実際、母はあまり賛成はしませんでした。

結婚前には、親同士が会うものが当たり前なのに、会ってもいなく、しかも言葉が通じないなんてとのことが理由でした。

しかし、私が結婚するのだからと、母は説得し、今は少し理解はしてくれてますが、まだ大賛成とは思っていないようです。私が母の立場だったら、きっと同じように思うかのしれないと思うから、今は少し距離を母とはとっています。

 

結婚してよかったことは、相手の国の常識と私の国の常識があまりにも違っている部分がおおすぎたけれど、その度に喧嘩ばかりだった、付き合っていた頃よりは、喧嘩もせずに、お互いの国をちゃんとに理解し、思いやれるようになったことです。

お互いが寄り添えるようになったことが本当に良かったことだと思います。

しかし、やはりお金の問題だけは未だにすれ違うときが多いけれど、これは私は譲りたくない問題なので、この先も喧嘩は耐えないと思いますが、少しずつ解決していければ良いなと思っています。

 

食事などについては、もともと私がタイ料理が好きだったので、ほとんどタイ料理を作っています。

そこまで難しくないので、私でも作れる物だけ料理して、あとは買って来たりしているため、なんの問題もありません。彼も日本食も好きなので、たまに私が作ると喜んで食べてくれます。

 

海外の人と結婚しようと思っているひとがいるならば、私はお互いの国を尊重しあえることこそ、大切であり、結婚しても続けていけると思います。

自分だけの国にとらわれていたら、海外の人との結婚は出来ないと、頭に入れておいてほしいと思います。

 

タイ人男性との結婚体験談
Photo by julieanh

タイ人男性との出会いの体験談その2~出会ってから結婚までが約6ヶ月!

私は10年ほど前にタイ人の彼と国際結婚をして、現在は2人の女の子にも恵まれてタイで生活しています。

彼との出会いはお互いの留学先であるアメリカの語学学校でした。

数ある語学学校の中で、しかも同じクラス…

最初は彼のひどく訛りのある英語(タイではアクセントが独特)がまったく理解できませんでしたが、時間が解決してくれました。

 

まだまだ発展途上であるタイからこんな大都会であるアメリカへ留学が出来るとは、さぞかしお金持ちなのかと思いきや現実は真逆でした。

アメリカへ留学中の学生はほとんどといっていいほど、現地でアルバイトをしながら生活していたのです。
現に彼もアルバイトが忙しく、学校へ来るのは一週間の半分ほどでした。

 

出会ってから結婚までの期間が約6ヶ月と非常に短かったので、恋愛と結婚の違いはあまり感じることはありませんでした。

 

いざ結婚するにあたっての問題は私の親の了解を得ることでした。

私は早くに父親を亡くしておりが母親が一生懸命私を育ててくれたのですが、その娘が国際結婚ましてや外国に住むというのは到底考えられなかったと思います。

そこでどうしようかと頭を悩ませていたところ、ちょうど運よく(?)子供が出来たのでしぶしぶ了解してもらうことができました。

 

国際結婚で大変なのはやはり言葉の壁ではないでしょうか。

いまだに私のタイ語は上達しませんが、言葉が通じないというのは本当に不便です。
彼の家族との会話、病院や子供の学校、買い物の際のちょっとした会話。

自分の努力次第でどうにかなるのかもしれませんが、難しすぎて全然覚えられないのです。
子供の宿題を見てあげられないのは辛いです…

 

基本的にタイ人は何でも「マイペンライ」(日本語で言うと気にしない)という考えの下成り立っているので、時間にルーズは当たり前、また貯金するという考え方はありません。

何に対してもいい加減なので、いまだにイライラすることが多々あります。
食事に関してですが、タイの食事は味のはっきりしたもの(辛い、甘い、すっぱい等)が多いので、最初はなかなか馴染めませんでした。

自分一人ならどうにかなりますが、子供が食べられるものが限られているので必然的に日本食を作ることが多くなります。

 

これから国際結婚をされる方へのアドバイスとしては、もし結婚後相手の国に住まわれるなら結婚前に一度一緒に住んでみて現地での生活を経験していただきたいです。

短期間でも実際に生活してみると、今度の生活のプランが立てやすいです。
現地での状況(言葉が通じる病院の有無や普段買い物をする場所)を確認しておくだけでも安心できます。

 

tai20150617
Photo by Tom Jutte

タイ人男性との出会いの体験談その3~顔立ちが日本のアイドル並みのタイ人を付き合う!

私は世界各国を旅行するのが大好きで、長期休暇を見つけては海外旅行を楽しんでいます。

私が約15年前にバンコクを旅行した際、魅力的な彼と飲食店で知り合いました。

 

その夜、私はバンコクの有名なビアホールで食事をしていました。

私の近くにはタイ人と思わしき若い男女のグループがお酒を飲んで盛り上がっていました。楽しそうな姿を見ていたところ、その中の男性が「一緒に飲まないか」と片言の日本語で誘ってくれました。

 

その男性は日本に非常に興味があり独学で日本語を勉強していました。

私はすぐに彼らの輪に入れてもらい仲良くなりました。

1次会を終えて2次会でカラオケにも行きました。大変な盛り上がりようで、当時、バンコクで流行っていた谷村新司の「昴(すばる)」を合唱したり楽しいひと時を過ごしました。

帰り際、声を掛けてくれた男性から片言の日本語で「いつまでバンコクにいるの。また、2人で会いたい」と誘われました。

 

その彼は、色黒で顔立ちは日本のアイドル並みであり、私自身、異国に来ているという高揚感もあり、その誘いを受け入れました。

翌日から帰国日までバンコク市内の観光名所を案内してくれたり、ショッピングセンターで買い物をしたりしました。

帰国日の前夜、別れる時に「私の恋人になってほしい」と告白されました。

 

私自身、以前から情熱的と言われるタイ人男性に魅力を感じていました。
また、異国の男性と交際するという他人とは違った恋愛に憧れていたこともあり、彼の告白を素直に受け入れて交際が始まりました。

日本に帰る時もスワンナプーム国際空港まで送ってくれて出発前には人前ではありましたが、私を抱きしめて「別れるのが辛い。すぐに帰って来てほしい、愛してる」と言ってくれました。

タイ人だけに限らないですが、海外の男性は人目を気にせず自分の感情を表します。日本人の男性も情熱的な人はいますが、全体的にまだまだ奥手な人が多いような気がします。

 

私がタイ人の彼との交際で一番苦労したことはコミニュケーションでした。

日本でタイ語の教材を買って語学の勉強をしたりしましたが、ある程度、しゃべれるようになっても相手の言っていることが理解出来ませんでした。

そのたびに辞書や携帯のアプリで確認しながら会話を進めました。

しかし私が日本で本格的にタイ語教室に通い出したことや彼が以前から独学で日本語を勉強したことにより会うごとにスムーズにコミニュケーションを取ることが出来るようになりました。

 

次に文化の違いですが、当時、タイは日本に比べるとまだまだ後進国で彼の実家も生活するのが大変な状況でした。最初、彼とのデート代などは半々で出し合っていましたが、いつの間にか私自身が全部出すようになっていました。

 

タイでは男女問わず裕福なものが貧困のものを助けるという文化があるみたいで、このことも「将来どうなるのだろう」という心配が凄くありました。

しかしながら、視点を変えてみると日本でも同じようなことはいくらでもあります。

彼と時間をかけていろんな話をしていく中で、彼も日本の文化や生活習慣を理解してくれて、最終的には男性が家庭を守るという責任感も持ってくれました。

 

今まで育った環境が違えばおのずと文化や生活習慣は違うことは当たり前です。当事者がじっくり話し合いすることでいろんなことを乗り越えていくことが出来ました。私自身もタイの文化や生活習慣を素直に受け入れることが出来ました。

 

タイ人の彼と交際したことにより、おおげさかもしれませんがグローバルな視線で物事を考えられるようになったことが自身の一番の成長したところだと感じています。

 

 

外国人との真面目な出会いなら、このアプリ!

■外国人の恋人が欲しいならマッチ

マッチは、恋愛・結婚のパートナーと出会うことができる世界最大級のマッチングサイトです。

日本最大級ではありません、『世界最大級』です!そのため、外国人の彼氏を見つけたい方に大人気の恋活・婚活サイトとなっています。


⇒マッチ公式ページはこちら(登録無料)

 

■フェイスブックを使っているならpairs(ペアーズ)

フェイスブックアカウントを持っている方におすすめなのが国内最大手のマッチングサービス『ペアーズ』です。

『フェイスブック』というと、友達にばれそうなイメージがありますがその心配は無用!いいね!をポチっと押すだけなので使い方も簡単です。

外国人は、居住地や出身地などの検索で探すことが可能です。また、女性は基本無料で登録&利用まで出来るのもありがたいです。


⇒ペアーズ公式ページはこちら(登録無料)

 


外国人の恋人探しはこちら▼  ▼




tanitu20150531


サブコンテンツ

このページの先頭へ