フランス人男性との結婚体験談~結婚のための手続きが一番大変!

フランス人男性との結婚体験談

Photo by Jeff Dzadon

 

私はフランス人男性と結婚して1年半になります。知り合ったのはインターネットです。

初めは英語の勉強目的で外国人メル友を探していたのですが、なぜか見つけたのはフランス人で英語もそんなに上手じゃなかったのにお互い会話がはずみお互いきになる存在なっていきました。

 

ただその時は彼は日本語はできませんし、私もフランス語なんて聞いたこともないくらいでした。

メールやスカイプでほぼ毎日会話し、そして半年後私の住んでいるとこまで来てくれました。

ただの日本の好きな外国人なら東京で会おうとか都会や有名な都市を選ぶと思うのですが、彼は特に有名な物もない私の街まで来てくれました。

 

2週間一緒に過ごし将来結婚したいっと言われそれからはお互いこれからどうするか、結婚するためには何が必要かなどを調べ始めました。

調べた結果フランスで結婚するより日本で結婚手続きをする方がスムーズだったので彼が日本に来て結婚ししばらく一緒に住み、一緒にフランスに帰るっということになりお互い準備を始めました。

 

フランス人と結婚するにはフランス大使館にこのフランス人は結婚することができますよっという証明書の書類を本人が直接取りに行かなくていけません。

フランス大使館は東京にしかないのでわざわざ東京まで行くのが面倒でした。

 

ちなみにフランスのビザを取るためにも私本人が行かなくてはいけないのでフランスに行く前も東京に行くことになりました。飛行機代など結構きつい出費でした。

その書類を持って地元の市役所で婚姻手続き、また市役所で証明書をもらいそれを外務省に送りアポスティーユの印鑑を押してもらいそれをまたフランス大使館に送るとフランスへの婚姻手続き完了で家族手帳っというのがもらえます。

この結婚のための手続きが一番大変でした。

 

日本で2人の生活で驚いたことは食事の量です。

夕食にジャガイモ1袋を全部使っていた時はさすが多すぎると言いましたがそれよりもマカロニを1袋全部茹でた時は言葉も出なかったです。本人はパスタ感覚でしかも膨らむと思ってなかったようで全部茹でたそうです。

その日はマカロニだらけのグラタンを食べました。

フランスに来れば納得ですがジャガイモなどは1袋2.5キロや5キロです。スーパーに行ってもフランス人はかなりの量を買っています。日本みたいにトマト1パック4-5個なんて足らないはずだよねって感じです。

 

彼の家族と食事する時もまずは食前にポテトチップスやオリーブなどをビールなどを飲みながら食べます。そしてその後にサラダ、主食、そしてチーズ、ヨーグルトやフルーツと食べるのでお腹が空いたからといって食前から飲んだり食べたりしていると後が全然入りません。

 

おしゃべりしながら家族との食事の時間が長いって感じです。

ただ日本みたいに食後ダラダラお酒を飲むことはなく食事が終わればアルコールも終わり、最後はコーヒーって感じでちょっと物たりません。

あとはフランス人はみんなそれぞれがいっきに話し始めて誰の話を聞いたらいいのか今でもわからず混乱してしまいます。

 

あと外国はみんなそうなのかもしれませんが行政手続きなどはいつ終わるのかってくらい遅いです。やっぱり日本って素晴らしいなっといつも思います。

関連⇒フランス人男性との結婚体験談~国際結婚は一種のハンディキャップであるという認識が大事!

 


外国人の恋人探しはこちら▼  ▼




tanitu20150531


サブコンテンツ

このページの先頭へ