外国人の彼氏との喧嘩の原因は?喧嘩したらどうしてる?

外国人の彼氏との喧嘩

 

外国人と付き合うと、文化・習慣なども違うため日本人男性とは違った理由で喧嘩することも。

 

そこで、

『外国人の彼氏との喧嘩の原因は?喧嘩したらどうしてる?』というアンケートをしてみました。

ぜひ参考にしてみてください。

↓   ↓

■その1

私はカナダ人の男性と付き合ったことがあります。 

喧嘩はあまりしませんでしたが、喧嘩の理由は大体決まっていて、彼氏は思ったことをちゃんと言うべきという人で、私は言っていいことと悪いことがあるという意見を持っていて、そのぶつかり合いというかんじでした。

 

カナダ人がどういう国民性なのかは私には分かりませんが、彼氏はそういう人でした。

ですが、自分たちの意見を主張するだけではどうしようもないので、お互いの国民性などを理解するように務め、喧嘩を終わらせるようなかんじでした。

 

その場では理解した気になるのですが、しばらくすると同じことを繰り返していましたね。

ですが、お互いを理解しようとする姿勢は大事だと思いますし、理解しようとしないのは話にならないと思います。

可愛いという訳でも無い私でもカナダ人の彼氏ができました

 

■その2

最近の日本人女子は、人前でいちゃいちゃすることに対してかなりオープンになっているように思いますが、外国人男性の所構わずなスキンシップは、喧嘩の原因になることが多いと思います。 

私は外出先でべたべたされることに抵抗があるタイプなので、手をつなぐのは大丈夫でも、腰のあたりに手を回して歩いたり、カフェやレストランなどで席に座って注文を待っている間でも、片時も手を離さないという状況が嫌でたまりませんでした。

外国人の彼氏ってロマンチック!?口コミ体験談

 

日本人はパブリックの場ではべたべたしないということを説明しても、理解してもらうことが難しく、結局言い合いになってしまいます。

これは文化の違いなので、日本に住んでいる場合で日本に興味のある人であれば、理解をしてもらうことはそれほど難しいものではありません。

相手を思っているのであれば、直そうと努力してくれると思います。

 

■その3

私は以前カナダ人男性とお付き合いしていた際に、私の英語のリスニング力が低い事が原因で一度喧嘩になりました。 

ある日、今度いつ会おうかという話を電話でしていました。

「来月のいつがいい?」となってお互いに「この日はどう?」と予定を聞きあっていました。

そして「13日はどう?」と聞かれたので私は「その日あいているよ」と答え、その日に会う事になりました。

夕方くらいに会う約束だけをして、具体的な時間は決めずに「じゃあ昼間電話して何時集合か決めよう」とも決めておきました。

 

しかし、その日になって何度昼間に電話しても電話に出てくれませんでした。向こうから折り返しもなく、夜になっても繋がらなかったのでドタキャンされたのではないかと非常に腹が立っていました

 

そして夜遅い時間になってから彼から「何でしつこく電話してくるの?」と電話がかかってきて、彼の中では「13」ではなく「30」と言っていたようでした。その事で少々喧嘩になりました。

 

彼はネイティブですので、決して発音がおかしかった訳ではなくこちらのリスニング力不足だったと思います。英語力がまだ十分でない場合は、何度も確認したりメール等で文章にもしてもらうなどもした方が良いと思いました。

国際恋愛する時の外国人とのメール術

 

■その4

私はアメリカ人の方と恋愛をしていましたが、その中で喧嘩の1つや2つすることがありました。それに恋愛をしますと、どこの国の方でも喧嘩はすると思います。

 

その際、私の場合喧嘩をしてしまったら、もし私の原因で喧嘩の発展になったのなら、もちろん私が悪いのですから私から「ごめんね」の一言をかけて謝りその後仲良くします

逆に彼の方が悪くて喧嘩になったのなら、彼が謝って来るのを待ち、その間は一切彼と話はしませんでした。謝ってきたら仲良くなるそのような感じでした。

 

喧嘩の原因は彼から私に対してキスが少なくなったりとか、私から彼に帰りが遅いといった些細な事でアメリカ人の方と喧嘩になりました。

その場合、キスの回数を多くしたり、メールや電話を何回もして彼を早く帰らせるようにしてきました。

そういう行動をとるだけで幸せな生活を過ごせられるようになります。

アメリカ人男性は日本人と対極的!?うまく付き合っていく3つのポイント

 

■その5

私は3年ほど前、アメリカ人男性と付き合っていました。彼との出会いは私が英会話教室に通っていて、そのときの講師と教え子という間柄でした。講義を受けているうちに、お互い次第に恋愛感情を抱くようになって付き合うようになったのです。

 

アメリカ人の彼はとても優しくていつもレディファーストでした。愛情表現も非常にオープンにしてくれて幸せでした。

アメリカ人彼氏は愛情表現豊かで、スキンシップもしてくれる♪

 

ところがそんな彼と喧嘩をして別れる事態となりました。

喧嘩の原因は嫉妬です。

彼は私が他の男性と話しているのを見るだけで怒鳴り散らすようになったのです。そして私と彼は喧嘩が絶えなくなって別れてしまったのです。

アメリカ人の彼との付き合っていた時間は今では貴重な体験だと思っています。

 

■その6

アメリカの外国人男性との恋愛での喧嘩の原因は、彼のテンションに上手く合わせてあげれなかったからです。アメリカ人のテンションというものが分からず、上手く彼に付き合ってあげれなかったのです。

 

私は楽しい時でも、あまり感情を顔や行動に出さないので、テンションの高い外国人男性には面白くなかったようです。

 

外国人男性が笑っている時でもあまり笑わず、彼氏はキレてしまいました。

彼氏はとても怒り、「どうしてだ、いつもそういう顔をするんだ」と怒り出したのです。

そんなに怒ることはないだろうと思いましたが、ここで自分も激しく反撃したら別れることになってしまうだろうと感じ、「ごめんなさい。今度から気をつけるね」と言って、彼の肩に手を回してキスをしました。

 

アメリカ人男性は女性に対して優しいですが、自分に合わせてくれない女性に対しては厳しいところがあります。そこに気を付けて付き合うのが大切です。

 

■その7

外国人との恋愛での喧嘩ですが、まず原因としては、文化の違いだったり、価値観の違いなどが大きかったです。

お金の価値観だったり、物事に関する価値観の違いです。

 
たとえば、私が電話に出なかったり、あるいは彼の話をきちんと覚えていなかったりしたことなどがあると、喧嘩になったりしました。

アメリカ人の彼と付き合っていたのですが、アメリカ人の彼の場合、何か不満などがあると論理的に突き詰めてくるという特徴があります。
 

ですので、少しでも何か違和感を感じると話し合いに発展するので、喧嘩になることも多かったです。

こちらが些細なことだと思っていても、向こうにとっては大変なことだということも多々あり、大変な思いをしました。

 

■その8

外国人との喧嘩の原因は、お互いの嫉妬でした。

私が、他の男性と、二人きりで話せば、凄い勢いでおこり始めました。

他の女性や、男性の友達も、周りにいるのにも、関わらずでした。そして、私も彼が、他の女性に対して、私には、普段使わないような、甘い声、甘いマスクで接するのを、目撃すると、喧嘩によくなってました。
 

もう一つの喧嘩の原因は、お互いの国の言語習得でした。

彼は、日本語を上達させたくて、私は、英語力を伸ばしたかったので、日々、ぶつかり合いました。

日本語の時間がもっと欲しいとか、と言ったかと思ったら、私が日本語を話しすぎるのが嫌だとか、その日その日で、コロコロ変わって、喧嘩になってました。

 

■その9

彼との付き合いで困ったのは、レディーファーストへの切り返し方スキンシップの取り方が上手くできない事でした。それが喧嘩の原因になったこともありました。

 

単純に、当時の私はレディーファーストに慣れていなかったので、彼と付き合い始めた当初は、席に座る度に椅子を引いたり、車のドアを開けてくれたり、軽い荷物ですら持とうとしてくれる彼に、かなり戸惑いました。

ついには『そんなこと、一々しなくて良いのよ』と彼に言いました。そうしたら『何でそんなこと言うの!』と怒られました

 

アメリカ男はもちろん、欧米の男性には幼少の頃から『レディーファースト』という概念があります。

もちろん、いくら欧米といえども個人で考え方に差がありますので、実際の行動には差があると思います。しかし、日本人男性やアジア系男性と比べると、その部分では明らかに価値観に差があると思います。

 

いくら国際化が進んだとはいえ、日本の女性の場合、まだまだレディーファーストというものに馴染みがない方が圧倒的に多いと思います。

もし、欧米などのレディーファーストを当たり前に実行する国の男性と付き合う機会がありましたら、是非、照れと恥ずかしさを捨て、彼らがもたらしてくれる優しさとサービス精神を思い切り堪能してみて頂けたらと思います。

きっと、新たな発見があって楽しいはずです。

 

日本男性には日本男性の良さ、欧米男性には欧米男性の良さがあります。
双方と付き合ったら、もっともっと自分の世界が広がって、男性とのお付き合いにも、グッと深みが増してくるのだと思います。

 


外国人の恋人探しはこちら▼  ▼




tanitu20150531


サブコンテンツ

このページの先頭へ